mori
モリ

オーナーシェフ:森 茂彰 氏

シェフ略歴

1976年9月北海道室蘭市 生まれ
辻 フランス リヨン シャトーエスコフィエ卒
タイユヴァン ロブション 他 都内のレストランに勤務
24歳の時 渡仏
ジャック マキシマン、ジャン バルデ、リシャール クータンソー 他で修業
帰国後 都内数店のレストランにて勤務後
2007年 恵比寿に 「moRi」をオープン
現在に至る。


黒トリュフ・フォアグラの
ミルフィーユ 栗の香り
まるごと1個の蝦夷鮑のステーキ 蜂蜜白ワインビネガークリームソース 肝のソース
パートカダイフに包まれたガンバス(海老)ビスクマヨネーズ
ゆっくりと火を入れた北海道・白糠産 蝦夷鹿 甘酸っぱいブルーベリーソース 黒胡椒風味
黒トリュフのリゾット
マディラソース
ロックフォールのチーズケーキ 林檎の花の蜂蜜アイスクリーム添え

ベルナルドを愛する理由 / Chef’s Comment
ベルナルド使用歴

約16年使用しています。

気に入っているシリーズ

Organza (オルガンザ)
Fusion (フュージョン)

他社製品と比べて優れている点

お皿のデザイン・色彩は勿論、それを保ちつつのレストランという業務用と言う観点からの皿の耐久性。

盛り付けの際のポイント、気を遣う点

美しい白という色合いを活かしつつ、かつ料理の色彩とのバランス。

上記写真のお料理とベルナルドとの相性・ハーモニーについて

食材とお皿の色彩・シルエットのバランスに応じて適したお皿を選んでます。
感性の部分なので説明は難しいですが、料理のボリューム、ソースの量・とろみ具合・・などにマッチしていると思っています。

ベルナルド製品に関するエピソード

リモージュ磁器の中でも、若いころから目にする(実際に使ってもいて)機会が多く、自分で将来使いたいという気持ちを持っていて実現できました。

ベルナルド製品に今後期待すること、メッセージなど

やはりエキュムシリーズはほしいと思うシリーズ。
エキュムシリーズのクルーズ、他小さな皿・カップなどのシリーズ化の実現をぜひ。

上記メニューに使用したベルナルド製品

左から
料理名1:黒トリュフ・フォアグラのミルフィーユ 栗の香り
■製品名:Organza Assiette rim plate 26cm (オルガンザ アシェット リムプレート) 5602/20328
料理名2:まるごと1個の蝦夷鮑のステーキ 蜂蜜白ワインビネガークリームソース 肝のソース
■製品名:Fusion Assiette Plate 26cm/center 10.5cm(フュージョン アシェットプレート)5100/5426
料理名3:パートカダイフに包まれたガンバス(海老)ビスクマヨネーズ
■製品名:Organza Assiette Coupe 26cm (オルガンザ アシェットクープ) 5602/20329
料理名4:ゆっくりと火を入れた北海道・白糠産 蝦夷鹿 甘酸っぱいブルーベリーソース 黒胡椒風味
■製品名:Fusion Assiette Plate 26cm/center 10.5cm(フュージョン アシェットプレート)5100/5426
料理名5:黒トリュフのリゾット マディラソース
■製品名:Fusion Assiette Plate 26cm/center 10.5cm(フュージョン アシェットプレート)5100/5426
料理名6:ロックフォールのチーズケーキ 林檎の花の蜂蜜アイスクリーム添え
■製品名:Organza Assiette Coupe 26cm(オルガンザ アシェットクープ) 5602/20329

Restaurant Information
mori
モリ
住所 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-14-2 タイムゾーンビル3F
TEL 090-9847-6299
FAX 03-5942-6299
URL http://www.mori-ebisu.jp/
Chef's Blog http://ameblo.jp/mori-ebisu/
ご予約 お電話 またはHPよりオンライン予約

ホテル&レストラン業務用製品にご興味のあるお客様は こちら よりお問い合わせください。

なお、本ページでご紹介しております業務用製品は、プロユース仕様となっております。
誠に申し訳ございませんが、一般のお客様への販売はできかねますことをご了解くださいませ。

▲PAGE TOP